3月のお肌のお手入れポイント | ふあり | 京都のエステ

3月のお肌のお手入れポイント


2月も残すところあと少し、花粉の情報が聞こえるようになってきました。

近畿地方では昨年の7倍!!の花粉予想だそうで花粉症の方には大変なシーズンとなりそうです。

さて、花粉のシーズンはお肌のトラブルシーズンとも重なります。

この時期には…こんな方が多くなります。

◆なんとなく肌の調子が悪くなる

→お肌がごわつく、かさつく、ザラザラする。赤みが出る。

◆いつもは敏感肌ではないのに、この時期だけ敏感になる

→いつもの化粧品がしみたりあわなかったり、お肌がかゆくなったりムズムズする。

どうして春は肌トラブルが出やすいのか?

冬から春に向かい紫外線が急激に強くなり始めると、身体と肌は寒い冬から暖かい春への変化に対応をしようと一種の緊張状態になります。

これにより外からの異物に対して反応しやすくなります。

またこの季節は花粉や乾燥で空気によって舞い上がったほこりなどが多くなっています。

お肌の内部では、こうした刺激物質に対応をしようと、どんどん新しい細胞を作り、冬の間に弱まった角質層を修復しようとします。

短期間で角質層になった細胞は不完全で未熟なものが多くバリア機能も低下をしてしまいます。

むずむすや赤みなどトラブル肌の原因となります。


また今の季節の肌はお肌も白く、一番メラニンも少なく紫外線の影響を受けやすくなっており、色素沈着やシワたるみが発生しやすくなっています。

春の肌トラブル 対策は?

トラブルの起こりやすい季節に合わせたお手入れで、敏感に傾いたお肌をなだめて健康肌に戻していきましょう。

<なだめる>
お肌がかゆい、敏感、赤みが出ている場合は鎮静効果の高い化粧水でローションパックがオススメ。

バイオラブのロションソンシーブルは赤み・かゆみをなだめながら、お肌のバリア機能を改善する成分の配合になっています。

外からの刺激に対して抵抗力・免疫力を高めてくれるので敏感肌を改善していきます。


ロションソンシーブル
5500円+税


<もどす>
美白美容液のジェルブランシサンは16種類の植物成分がじっくりと角質層に浸透し、うるおい・ツヤ・なめらかさを備えたお肌に導きます。

こちらのジェルも抗炎症成分はがたっぷりですので荒れたお肌を落ちつけてくれます。


ジェルブランシサン
15,000円+税


<守る>
日焼け止めクリームのクレムアンティソレイユは紫外線による日焼け・しみ・そばかすを防ぎます。

敏感なお肌に紫外線の刺激は大敵です。紫外線から守ってあげましょう。


クレムアンティソレイユ
SPF36 PA++
3800円+税


それぞれのお肌の状態に合わせたお手入れ方法は、サロンでお肌を見てお伝えしております。

「ちょっと調子が悪いかな?」と思われた場合はすぐにご相談くださいね。

サロンでのエステではこんなお手入れが効果を発揮しています。

ご予約・お問い合わせはこちらから

一番下の内容欄にお問い合わせ内容を入力し送信してください。

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須お電話番号
ご予約希望 | ※カレンダーマークをクリックすると空き枠カレンダーに移動します
第1ご予約希望
第2ご予約希望
第3ご予約希望
お問い合わせ内容
  
おすすめメニュー
  • お肌改善植物療法フェイシャル

    お肌改善植物療法フェイシャル

    すっきり60分

    9,800円 60分

    エイジングケア

    12,000円 約80分